「幸せ」が好きな人もいれば、嫌いという人もいると思う。どうでもいいと思っている人も。アナタが感じる「台風」はどんな感じ?

凍えそうな休日の晩は昔を思い出す

冒険を蔑ろにしてはいけない


HOME



ぽかぽかした祝日の夜にビールを


その日は、石垣島まで働きに向かった。
この辺りはかなり暑い!
綿の上着の上に、スーツのジャケット。
汗をかいてサウナ状態になりすぎて、スーツのジャケットはメチャクチャに。
宿泊先にまで到着して、ジャケットを石鹸で洗った。
翌日そのジャケットはグレープフルーツのいい匂いがした。
ジャケットが汚くなるのではないかと気になったけれど、何があっても洗った方が良いと心に決めていた。

湿気の多い日曜の夕方に昔を思い出す
少年はとってもお腹が空いていた。
もうすぐ夏休みという時期、学校から早足で帰っている時だった。
セミも大きな声で鳴いていて、日光は強く、夕方なのにいまだお日様は低くなかった。
少年は汗をたらして一人で歩いていた。
友達と一緒に下校するのがほとんどだけど、今日はものすごくひもじかったので、早く帰って何かを食べたかった。
少年が食べるつもりなのは、昨日の夕食のカレーの残り。
昨日のカレーは、たしか鍋に少し残っていたはずだ。
ご飯だってたぶん、残ったのが冷蔵庫に入ってたはず。
少年は期待しながら足早に家へと向かった。
すると、汗がいっそう出てきた。

怒って熱弁する兄弟と観光地


だいたい、業務やするべきことに忙しく、そこまで空いた時間がない。
少しばかりフリーが手に入っても、自然と次の仕事の予定など、何かの締切が頭にある。
そんな状態で丸一日など時間ができると、かなり喜んでしまう。
さて、この少しだけ休日をどうやって使おうかと。
最終的にはいつも、あれも、これもしたいといった願望のみが募り、すべては上手くいかない。
中でも私は行動が遅いので、あっと言う間に時は経過。
時は金なり、という言葉はまさによくいったものだと思う。

涼しい平日の午前に読書を
雑誌を見ていたり、街を歩いていると、美人だな〜と思う人は多い。
顔立ちは、正統派の美人とは言えなくても、愛嬌があったりオーラがあったり。
人が発する雰囲気は、本人の今までの積み重ねかもしれない。
とても重要だと思う。
私が惹かれるのは歌手の西野カナさんだ。
イベントに行って初めてインタビュー受けている姿を見た。
可愛い!と思わずにいられない。
ふっくらした頬に、体型もバランスが良く、パステルカラーがピッタリ合うイメージ。
会話がほわんとしていて、名古屋弁なのもポイントがアップ。
歌は割と聞いていたけれど、本人を見て余計にファンになった。

ゆったりと熱弁する家族と枯れた森


子供とのふれあいをすると、子はめちゃめちゃ慕ってくれる。
一歳までは、会社の仕事がめちゃめちゃ大わらわで、見ることがほとんどなかったため、まれに抱っこしても近寄ってくれなかった。
親だけどとわびしい心ざまだったが、仕事の業務が激職だからと投げ出さずに、よく、休みの日に散歩に連れていくらようにした、抱きしめても、お風呂でも泣かなくなった。
このところ、仕事で出かけていく時、俺が居なくなることが寂しくて涙を流してくれるのが嬉しい。

無我夢中でお喋りする弟と気の抜けたコーラ
夜中、眠りに入れないとなると、新作映画を集中して見る。
こないだ見たDVDは、「エスター」というタイトルのアメリカ映画だ。
主要人物、エスターと言う子はしっかりものだけれど一風不思議な9歳の少女。
終わりには驚きの結末が見れる。
それは観賞の経過で、エンドが分かる人がいるだろうか不思議なくらい想像もできない事実。
というのは、ドキドキとさせるわけでもなく、ただゾッとするような結末だった。
映画は、毎日の私の毎晩の時間を濃い物にしてくれる。
DVDと言えば、絶対ミリンダだったりお酒だったりもお供しているので、体重が上昇するのが恐ろしい。

無我夢中で熱弁する兄さんと擦り切れたミサンガ


バースデーに友達から貰ったこの香水は、かなり強いフローラルの匂いである。
ぴったりな香水を意識して選んでくれたもので、ボトルがちっちゃくてリボンがついているのが可愛らしい。
香りも瓶もどんなに大げさに言っても華やかとはかけ離れた香りだ。
店には多くの商品が置いてあったが、目立たない場所に置いてあったもの。
形は小さい。
シンプルでお気に入り。
外に出る時だけでなく、外へ仕事に出るときもバッグに、家で仕事をするときは机に置いている。
なので、カバンは、どれも同じ匂い。
だいたい身に着けているので、そうでないとき「今日あの香りしないね」と気づかれる場合もたまにある。
香水ショップで色々な香水を試してみるのは好きだが、この香りは今までの中で最高に気に入ったものだ。

よく晴れた仏滅の午前は熱燗を
じっと見てしまうくらい綺麗な人に会ったことがありますか?
昔一度あります。
バス内で20代後半くらいの女性。
女の自分ですが、ドキドキしてしまいました。
どれだけスキンケアをしているか、という本人の努力もあると思います。
しかし、それ以外で醸し出るオーラは確実にありますよね。
世の中には素敵な人がたくさんいるんだなーと感じました。

泣きながら踊るあの人と擦り切れたミサンガ


明日香は、短大に入って一番に心を開いた友達だ。
彼女の素敵なところは、人を否定しなくて、小さなことは、どうでもいいという寛大さ。
私から親しくなりたいと言ったそうだが、記憶にない。
話すと、全てが小さくなるので、とっても安心する。
引き締まっていてスレンダーなのに夜中にファミレスでステーキを食べに行ったりするらしい。

雲が多い水曜の晩はお酒を
慢性冷え性になってからは、いくらかヘビーだけれど、どう考えても寒い季節がいとおしい。
外が乾いているので、パリッとした匂い、さらにヒーターの心地よさ。
寒さの中の日差しって贅沢な気になれるし、一眼を持って行った、夜の海岸もいい感じ。
季節を撮りたかったら、レフもOKだけれどトイでめちゃくちゃシャッターに収めるのが本当にかっこいいSHOTが見つかる。




Copyright (c) 2015 冒険を蔑ろにしてはいけない All rights reserved.

▲TOP